2007年09月28日

みんなで把握すること

最近、自分自身改めた方がいいなーと思うのは、
ライブ時の立ち位置変更とか音取りとか、
進行管理をほぼ1人で受け持ってしまうこと。

もちろん実質的なコントロールタワーはアカペラでも必要なんですが、
それを目に見える形で1人に押し付けたり、1人で仕切るのは良くないです。

だって1人が曲間にいろいろ指示出してるのって、ヘンに目立つんですよ。
それだったらまだ、みんな知らん顔してるように見せかけて意思疎通と進行がバッチリ出来てる方がカッコいい。
観てる方は圧倒されますよ。


そういう意味では、先日、ライブでの音取り係を自分の手から離したのは良かったと思います。
どの曲でどの音が必要なのか、自分以外の音は覚えてない人が結構多い。
アカペラ人として、歌い出しのみんなの音は覚えていた方がいいと思うんですが・・・。



関連記事:
やっぱり分権でしょ


posted by 704
posted by 704 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

なんちゃって絶対音感

絶対音感というと、
「小さい頃からのピアノ教育」、「大きくなってからでは身につかない」ということがまことしやかに語られていますが、
それは嘘っぱちじゃないかと私は思います。

というのは、私はピアノを全く弾けませんけども、
アカペラを始めて以降に、ある程度の絶対音感を手に入れたからです。
同じ経験をお持ちの方もいるんじゃないでしょうか?

「ある程度」というのがミソで、
自分の場合黒鍵だと咄嗟に弾かれてもわかりません。
白鍵なら100%わかります。
もっとも、訓練すれば黒鍵も分かるようになる気はします。


ともあれ、調や音名に関心を持ちながら練習をしていくと、
自然に音高と音名の対応が出来てくるようになるもんです。
手に入れてみてはいかがでしょうか。“なんちゃって”絶対音感。
まずはCの音。
この音を覚えるだけでも、そこから探り探りで他の音もわかります。

別に無いなら無いで困らないんですけど、
突き詰めれば音取りがいらなくなるスキルだよなー、
なんて思ったもんですから。


関連記事
調の覚え方


posted by 704
posted by 704 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

原曲って聴き込むべき?

自分の知らない曲をやることになったら、

一度聴き込みが必要です。

聴いて、曲の雰囲気、構成、メロディ、詞を覚えないといけません。



ですが、ある程度原曲を拾ったらそこから離れて、

アカペラ譜の世界に入っていった方がいいかな、と思います。

実際に演奏するのはそっちですし、

書いた人の想いが譜面にちりばめられているはずで、

その世界をブラッシュアップする方向に力を注ぐべきだからです。



アカペラ譜のイメージがすっかり染み付いてから原曲を聴きなおすと新鮮ですが、

まぁそれは別の話ですね。



今日の一言:
初期に聴き込んで情報拾ったら、離れるべし。


posted by 704
posted by 704 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習・グループ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。