2007年12月12日

4声アレンジは難しいんだよ

人数(パート数)の少ない音楽を作るのと、多い音楽を作るのとを比べると、

多い音楽を作る方が大変そうだと感覚的には思ってしまいます。

しかしアカペラで4声と5声を作るのを比べたら、

俄然4声の方が大変です。

それは4声の場合、リードボーカルとベースを抜けば

実質コーラスは2枚しかないことになるからです。




2枚というのは結構厄介で、

声質と声量と音程の安定した2人で担当しないと、結構ぐらついて聴こえます。

本来なら最低3音で和音が確定するはずのものを2人でやるのは、

例えるなら画鋲4本で貼るべきポスターを2本で貼り付けているようなものです。



でもバンドの構成上、4声のアレンジを作らないといけない。

そういうとき、どういうところに注意したらいいのでしょうか。




続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。