2006年02月15日

リードボーカル、それは「リード」するボーカル

知っている曲でリードボーカルを取ることになると、
練習の入りがすごくラクです。
歌詞もメロも覚えてるから、暗譜が目的になる練習中期までは暇を持て余すことが多い。

ま、そこで暇しててもいいんですけど、
もう一歩踏み込んで何ができるか、考えてみます。


 ・暗譜できているというのは、アドバンテージである。
 ・リードボーカルの方向性は曲の雰囲気を大きく左右する。

ということは、その曲に関してはリーダーとなって、みんなを導くことが可能なはずです。
導く方向の根拠は、もちろん
「自分はこの曲をこんな風に仕上げたい」という想い。
主役なんですから。

もし言葉で上手く言えなかったり、意見することにためらいがあるなら、
練習中に歌で表現すれば伝わります。

リードが少し歌い方変えるだけで、コーラスは変わりますよ。



今日の一言:
むしろリードが色々変えてもコーラスがずっと一緒だと、かなり不安になる。
posted by 704 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リードボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。