2006年02月27日

努力は必ず報われる?

今日は久しぶりに、哲学的な話をば。


よく言われることですが、「努力をすれば必ず報われる」という人がいる。
その一方で、「努力しても報われないことはある」という人もいる。
なんだかその人のバックグラウンドまでも見えてくる、味わいのある言葉だと思います。

して、一見相反するように見えるこの二つの言葉、
いったいどちらが正しいのでしょうか?



私が思うには、
両方正しいとも思うし、両方的を射ていないとも思う。

むしろ本当に持つべき視点は、
「報われるまで努力したかどうか」という点じゃないでしょうか?

報われる・・・
ライブで観客巻き込んで大興奮とか、コンクールで入賞とか、珠玉のオリジナル曲が出来たとか、
そういった御褒美はアカペラにもあります。

その御褒美にありつけるにはどのくらいの努力が必要なのかを
事前に読むことが出来たか、そして十分に努力できたか。

「努力すれば必ず報われる」と言う人は、きっと報われるだけの努力を常にしてきた人。
「努力しても報われない」と言う人は、なんらかの理由で努力が不充分だった経験を指して言っているのではないかと。
(運が悪かったとか病気になったとか、そういうのも含みます。)



なんだか勝ち負けハッキリするオリンピックを見てると、
努力と結果ってなんなんだろーな、って考えてしまうのです。



今日の一言:
一度報われた人が、どんどん報われスパイラルを昇っていくのは、確か。
posted by 704 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習・グループ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。