2006年05月07日

難しいコーラスほど腹をくくって声を出す。(前半)

ハモリが複雑で難しいコーラスでは、なるべく外さないように外さないように、こわごわと声を出してしまいがちです。

だけど、実はこの「こわごわ」がかえってアダになってしまうんです。


ハーモニーがハモってるように聴こえるのは、音程だけでなく声質や大きさがぐらつかないとき。

つまりこわごわ出すことによって、
声の出し方が変わったり、声のボリュームが変わたりすれば、
そのぐらついた時間だけ、ハーモニーには聴こえなくなるのです。

だから、音が細かく動くフレーズでこれに嵌ると、
もう全然何がなんだかわからなくなってしまいます。
posted by 704 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17510667

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。