2006年05月22日

自分の音の位置は、ハーモニー全体で確認する

コーラスで自分が取るべき音が分からなくなったとき、

人は無意識に、自分に聴き取りやすいボリュームと声質で歌ってしまいます。

おそらく多少なりとも喉に引っ掛けてしまうでしょう。

そうして他のコーラスと違う声で出してしまえば、

残念ながらハーモニーは崩れてしまいます。



だけど、自分の音が正しいかどうかを確認できなければやっぱり困りますね。


実は、自分の音が正しいかどうかを確認するのは、

自分の声を聴くことではないんです。

ハーモニー全体を聴くことが、確認になるんです。

全体で違和感がなければ、問題ありません。外から聴いてもハモってます。




このあたりに、アカペラは聴く作業であると言われるゆえんがあるような気がします。



今日の一言:
自分が聴きやすい声は、外から聴くと聴きづらい。
posted by 704 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。