2006年06月08日

ツカミ

言うまでもなく、ライブの1曲目はお客さんを自分達の世界に引き込むための「ツカミ」であり、とっても重要なところです。

ということで、今日は効果的な「ツカミ」を分類してみたいと思います。


@ みんなが知ってる曲
 ステージ上の歌い手とお客さんとの、初のご対面。
緊張する瞬間です。
これをほぐすには、お互いがわかる曲で最初の数分間を共有することが一番です。
「世界にひとつだけの花」など、みんなが知っている曲は、
市販のアカペラ譜になっている率も高いので、手も付けやすいです。

どちらかというと、歌う側がお客さんの土俵に立って、お客さんの立場に下りて盛り上げる、という方法ですね。


A ノリのいい曲、アップテンポの曲
 これは場を一気にウォームアップするための選択肢です。
ノリのよさや速さで客に拍手を煽って、自分達も動く。
どちらかというと、お客さんを自分達のペースまで引き揚げることで盛り上げる、という方法です。

 ただし、ライブ慣れしていないお客さんの多い場合や、ライブハウス以外の屋内(みんな座席に座ってる)では難しい方法です。


B オープニングテーマをやる
 オリジナルソングでも何かの曲の一部でもいいのですが、
1〜2分くらいの短い曲をやりながらMCをやったり、自己紹介したりする。
一呼吸置いて、本編となる曲を始めるという方法です。

 この方法は、@とAの中間のような感じですね。
お客さんの土俵に下りていくわけではないけど、いきなり本編を始めないことによって、お客さんと準備の時間を設けているわけです。
そういう意味で、急激にウォームアップを図るAとも違う。


 ライブ経験のある方も、おそらく無意識のうちに曲順やツカミの曲選びをやっていたと思いますが、
大雑把に分けて、だいたいこの三つのどれかに当てはまるんじゃないでしょうか?
ライブ経験のない方は、この分類を参考にしていただけると嬉しいです。



今日の一言:
いずれにしても、最初の3分間は運命を決める。
posted by 704 at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ライブ・ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、mixiから飛んできました。
面白いブログですね。色々見て勉強になりました。

自分は関東でアカペラ活動をしております。
自分も一応アカペラ関連のブログを書いてます。最近はネタ8割アカペラ2割くらいになってきてますが・・・(笑)
Posted by かわだ at 2006年06月11日 00:48
かわだ さま
初コメント、ありがとうございます。
ブログも拝見いたしました・・・・・・・・面白い!

私もそれほどの文章力があればなぁ(笑
Posted by 704 at 2006年06月17日 00:30
お褒めのお言葉、ありがとうございます☆

自分、文章力は大してないですよ〜汗
強いて言うならブログの構成?のですかね。
人が読みやすいように改行とか文字の大きさ等文章のレイアウトみたいのを何度かプレビューして見返したりチェックはしますね。
何ヶ月かやってるうちにだんだんコツがつかめてきました。w

あ、唐突なんですが、もしよろしければこちらを自分のブログからリンクを貼らせていただいてもいいですか?
Posted by かわだ at 2006年06月26日 04:08
>かわだ さま

改行とかレイアウトのチェック・・・してないや、自分w

リンクは大歓迎です!よろしくお願いします。
こちらからも貼らせてもらいますね〜。
Posted by 704 at 2006年06月27日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19011905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。