2005年03月27日

歌の球速、球種、制球力

リードボーカルの種類というのは、野球のピッチャーに例えられるように思います。

高音やパワフルな声を操るボーカリストは、速球派投手。
多彩な表現テクを持つボーカリストは、球種多彩な変化球投手。
音程やリズムを外さないボーカリストは、制球力のある投手。

(長時間歌っても平気な人は先発投手。
一曲集中で歌う人は、抑え投手、みたいな分け方もできますね。)

そして、これらのうちのいくつかを組み合わせる必要があるというのも、ボーカリストとピッチャーで共通しています。

つまり、速球派投手でも勝負球にフォークを持っていたりしますし、
速球派でも変化球派でも、ある程度の制球力は問われます。


このことを踏まえていただいて、
自分はどんなリードボーカルになりたいか。

高音はどこまで使えると理想的か。
表現は誰を参考にしていくか。
音程やリズムはどこまで追求するか。

歌唱力を球速、球種、制球力に分けて考えてみるのは、結構面白いですよ。
イマイチどういう方向性でいけばいいか迷っていた方のヒントになれば幸いです。
posted by 704 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リードボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。