2007年01月17日

当たり前のこと。

物事を極めれば極めるほど、
そのクオリティは
「当たり前のこと」
に近づいていき、知覚しづらくなります。


例えば、意識しない限り殆ど目立たないベースマンがいるとします。
それでは何故目立たないのか。

@音が小さい

というのが、真っ先に出てくる理由でしょうね。
しかし、希に

A上手すぎて、意識しないとわからない。

という場合もあると考えられます。
音程もリズムも安定しており、
「曲」という一つの規則の中に完全に溶け込んでいるわけです。


地味と言えば地味なのですが、
「上手すぎて、気になるところもないから気がつかない。」
くらいの仕事ができるというのも、素晴らしいですよね。


当たり前のように自分のパートをこなしている人を見かけたら、
あえて注目してみるといいと思います。
「平凡」に見えるものこそ実は「非凡」なのかもしれませんよ。


posted by : おにぎり
posted by 704 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌と人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。