2007年01月22日

色分け

楽譜って、他の人のパートにも目を通してますか?

自分はアレンジを手がける1人として、是非他の人のパートにもちょろっと目を通してほしいな、と思うのです。


今近くに楽譜があったら目を通してみてください。
そして同じ動きをしてるパート同士を、同じ色の蛍光ペンで塗り分けてみてください。


例えば5声でできている曲なら、

リードとコーラスとベースが1:3:1に分かれて歌う部分があれば、
緑、黄、黄、黄、ピンク で塗ってみる。

ベース以外が字ハモでシンクロしてる部分もあれば、
緑、緑、緑、緑、ピンク で塗ってみる。

5人が微妙にバラバラの動きをしていれば、なんとか5色使ってみる。


要するに何が言いたいかというと、

自分がその都度誰とつるんでるのかしっかり把握すると、ハーモニーの完成度が高くなるんです。

だからそれが視覚的に分かるように工夫してみようよ、ということです。


もちろん練習を重ねていけば、いずれつるむ相手は把握できます。

だけどそれを待っていると、最初のうちは精細を欠きっぱなしで、

精神的にちょっと辛かったりするw



特に、曲の展開に伴ってつるむ相手がよく変わるなーという曲なら、

なおさら早いうち、色分けで把握するのが必要だと思います。



今日の一言:
アレンジャー志望の人は、曲の構造の勉強にもなりますよ。


関連記事:
アレンジャーの意思を汲む



posted by 704
posted by 704 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | コーラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっほい ご無沙汰しとりますなー

>>特に、曲の展開に伴ってつるむ相手が
>>よく変わるなーという曲なら、
>>なおさら早いうち、色分けで把握するのが必要だと思います。

大賛成です クラシックの合唱でも 全く同じことが言えますね
これをやってると 「一緒にハーモニーを作る連帯感」が
バンド内に生まれやすくなる と 思うのね
そして グループのかっこ良さが出来上がってくる

いつも 精神論的なコメントで 申し訳ないが
704がすごくいいことを書いてたので 賛同コメントしてみました♪
Posted by フジサワ リュウタ at 2007年10月03日 15:06
>フジサワ
相変わらず懐かしい記事まで目を通してくれてありがとう。
Posted by 704 at 2007年10月03日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。