2007年04月29日

「ためらわず、端的に」褒める

ただいま帰ってきました。
長いことブログを留守にしてしまいました。
また今日から、よろしくお願いしますね!



さて今日は、「褒める」ことについて。


褒め上手の人って、たいがいストレートに褒めますよね。
それは最短距離の言葉を使うという意味もありますし、
言葉にためらいがないという意味もあります。
さらに矢継ぎ早に褒め言葉を重ねて、
あっというまにその人のリズムを作ってしまうんですね。


逆に何か気の利いたことを言おう、
奇をてらったことを言おうとして言葉をこねくり回すと、
ウソっぽい空気を纏いはじめる。
本人がウソを言ってるつもりがなくても、です。
言葉を余計に考える作業が入るから、良いリズムも発生してきませんしね。


まあ、褒め下手な自分が偉そうに語れる話題ではないんですけども、
いいところを見つけたときには「ためらわず、端的に」を何よりも心がけていきたいところです。



posted by 704
posted by 704 at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌と人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさいませ

>>逆に何か気の利いたことを言おう、
>>奇をてらったことを言おうとして言葉をこねくり回すと、
>>ウソっぽい空気を纏いはじめる。

んあーーーーーーーー これは耳が痛いなあ
僕も いろんな人に よく言われてます

これはね 当人のキャラクターによりますね
奇をてらうタイプの人間に てらうなと言っても
できることではありません

ストレートに言える人って 世の中 ホント数少なくて
ほとんどの人が 言葉を選んで 言葉に振り回されるよな

だから 逆に 言葉をこねくり回すことを
もっともっと突き詰めればいいんじゃないのかな
心地よいウソっぽさになるまで 高めればいいんじゃないかな

って 思うよ
Posted by フジサワ リュウタ at 2007年05月07日 20:17
これは相対評価だからしょうがないと思うけど、

自分に比べればあなたはストレートに褒めてる方じゃないでしょうか?
Posted by 704 at 2007年05月10日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40335144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。