2007年05月05日

アレンジで叩かれるのも、またよし

市販の楽譜ってね、実際歌うと消化不良になるアレンジ多いですよね。

よくありがちなのが、
原曲で目立ってたソロっぽいものを無理やり生かしたがために、
コーラスの枚数を欠いてしまって、聴き栄えが悪くなる、というパターン。

こういうのを見るにつけ、「あ〜アカペラ編曲に慣れてない人が作ったな〜」ってばれてしまうのですね。

それで、気に入らない部分を書き直したりしてね。
よくやりますよね。






ところで、私もアレンジの処女作は、
それはそれはひどいものでした。
目の前で後輩に
「この曲(の出来がしょぼいのは)絶対アレンジのせい」とか言われましたしね。

最初ってそんなもんさね。

やっぱり、頭の中では綺麗に鳴ってる音も、
実際歌わせてみるとそうとは限らない。
初心者が必ず抱えるギャップです。


でもそうやって、慣れない人の作ったアレンジは叩き台として使ってあげればいいんですよ。

どこを、どう叩いたか。
なぜ、叩いたか。

これらを一個一個改善していって、上達しないわけがないんですから。



posted by 704
この記事へのコメント
最近、某J-POP曲の市販譜アレンジを練習していたのですが。
その楽譜は、歌ってみれば意外に良かったという
逆のパターンでした(←失礼)。

譜面上のイメージと実際とのギャップ。
なかなか手強いです・・・。
Posted by ノラ猫D at 2007年05月06日 00:28
Leonで歌ったオーバージョイドのアレンジ、
増岡さんが改善するとしたらまずはどこでしょう??
どこをどうしたらよくなるものか、いまだピンと来てません^^;
よかったらあっしの今後のために聞かせてください。
Posted by たけ3 at 2007年05月07日 00:32
>ノラ猫D
もちろんそういうこともあるでしょう。
きっとあなたの市販譜のツモがいいんだねw

>たけ3
んーと、アカペラ叢書ではあんまり身内の相談っぽい雰囲気は出すつもりなかったんだけど、
今回はまぁいいか。答えます。

改善というか、コーラスの動きを強化することかな。
縦(コード)は出来てる。横の動きね。
Posted by 704 at 2007年05月08日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。