2007年06月14日

臨時記号に対するセンス

リードボーカルの「うまさ」の指標ってたくさんあると思うんです。
音程、表現力、声量、声の質、間合い・・・etc
そんな中、いちど注目してみてほしいのが「臨時記号に対するセンス」です。

臨時記号って、あの楽譜中に突如出てきて歌い手を惑わす♯とか♭のことです。
あの臨時記号の音を自信を持って決めてくるボーカリストは、
ほぼ例外なく「うまい」です。
と同時に、大概コーラスもうまい。

臨時記号が分かっているということは、
音階に対する感覚が澄んでいて、コードのなんたるかが分かっているということ。

アカペラをやる以上、リードボーカルばかりやるわけにはいきませんから、
こういうスキルの高い人は重宝され、いろんなバンドを掛け持ってることが多いようです。



今日の一言:
自分が客のときは、必ずリードの臨時記号センスを聴いてます。

posted by 704
posted by 704 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リードボーカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。