2007年07月20日

アレンジする曲の選び方A

良いアレンジャーになるためには、選曲もウデのうち!
アレンジする曲の選び方@はこちら


今日は、「避けた方がいい曲」について考えてみます。



@ ギターの弾き語りやギターの存在感の強い曲
 経験的に思うのですが、ギターをコーラスに置き換えるのって、けっこう難しい。
おそらく倍音の含み方とか音の出方が、ギターと声でかなり違うんじゃないかなって思うんですが。
特に、エフェクターをかませてないエレキのコード弾きと、アルペジオ。
コーラスにはベルトーンという声のアルペジオがありますが、
元のギターアルペジオが細かいと、やっぱり再現できないんですね。

A ピアノの弾き語りやピアノの存在感の強い曲
 ピアノもギターと同様、その存在に囚われてはいけない楽器です。
やっぱりコーラスで雰囲気を出すのが難しい。
特に弾き語りは、コードを弾きながら1拍ずつリズムをとりますが、
これをコーラスにそのまま使うとなんとつまらんことか(笑

B ロックバラード
 これはおそらくリードの歌い方の問題だと思います。
元がボーカルを浮き彫りにして歌い上げ、楽器とタメを張らせる音楽なので、
ボーカルをコーラスの間に位置づけるアカペラとは相性が良くないのかもしれません。

C メインボーカル+3度ハモリが完成されている曲
 ポピュラーミュージックで「ハモリ」と言えばこの形が圧倒的に多いと思いますが、
あまりこの形で出来上がっていると、
それ以上アカペラ用に修飾するのが難しくなってきます。
例えば原曲のハモリ部分を字ハモにまで拡大しようとすると
 ・ハモリが重くなりすぎる
 ・人手があまる
のどちらかがしばしば起こります。

D コード組成の単純な曲、リズム組成の単純な曲
 原曲に素直にアレンジを施すと、歌う側が飽きてしまう曲たちです。
実際、童謡や唱歌をアカペラでやっている例を見てみると、
1番と2番で手を変え品を変えてることが多いと思います。


ということで、今日は「避けた方がいい」曲の例を挙げましたが、
もちろん「避けなければいけない」わけではありません。
今日挙げたような曲は、
「いかに原曲のイメージから抜けられるか」がアレンジ成功のカギになると思います。



posted by 704
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。