2007年08月14日

次ページの「頭出し」メモをとる。

まだ暗譜できてない曲を楽譜を追いながら練習してると、
ページをめくる瞬間が、1つのネックになりますよね。
次のページの頭に乗り遅れることが、よく起こります。


吹奏楽をやってる友人によると、
吹奏楽の楽譜は、自分にとってちょうどいいところでページが切れてるか、
そうでない場合は次の数小節を暗譜しておいて、手が空いた瞬間にめくるんだそうです。

でもこれは吹奏楽だからなんだと思います。
それなりに休める瞬間があるし、スコアじゃなくてパート譜で印刷するから、パートに合わせたページの切り方が可能なんでしょう。



話がちょっと逸れました。

で、アカペラの場合オススメなのは、
次ページの音1小節ぶんくらいを、前ページに頭出しでメモっておく。
五線をちょっと足して書ききれるくらいのものなら、音符そのものを書く。
書ききれないくらい小節内で動いてたら、何かしら自分に分かるようなメモを書いておく。

これで乗り遅れはかなり減るはずです。



今日の一言:
より早い上達のために、楽譜のカスタマイズは必須です。

関連記事:
白い楽譜

posted by 704
posted by 704 at 19:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習・グループ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やほ こっちのブログでは ご無沙汰しております

今回の「今日の一言」 まとめ方に 激しく賛同します
こういう努力を続けていると 楽譜に愛着がわいて 曲に愛着がわくんだよね 
そして 結果的に 楽しく演奏ができるってわけだ

えっと…俺も 話がちょっとそれたかな Sorry♪
Posted by フジサワ リュウタ at 2007年08月17日 10:52
>フジサワ氏
御無沙汰しております。
というか、このブログ自体がすでに御無沙汰なのですが・・・

話逸れてないぜーむしろ展開してくれてthank you でございますよ
これからもよろしく。

Posted by 704 at 2007年08月17日 23:27
楽譜には階名その他を色々とを書くようになりました。
階名かくと確かに理解が早い気がします。
おそらくTake3の楽譜はクレクレで一番朱色です。
Posted by Take3 at 2007年09月12日 22:37
>Take3
クレクレの平均レベルがどのくらいかはわからないけど、
階名書き出し法は是非広めてやってください。
階名が分かることが前提だけどね。
Posted by 704 at 2007年09月23日 04:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。