2005年09月09日

目は口ほどに物を言い・・・

こんばんわー。出張から先ほど帰ってきました。
最近、日が短くなってきましたね〜。すっかり秋って感じがします。


さて以前、「歌うとき、どこを見てますか?」という記事で軽く触れたんですが、

ライブでグラサン着用しないほうがいいのはどうしてか?

大きく二つあります。


一つは、目の表情も歌のうちだから。

せっかくのライブです。声だけ出しにきたわけじゃないんです。
目遣いも表現力の延長として利用してしまった方がいい。


二つ目は機能的な理由で、メンバーと目配せできない。

リズムやピッチがずれたというときに、それを直す機会は結構出てきます。
そのとき、どうしても目を合わせることが必要なはずです。


それほど、目には意志伝達の力がある。
「目は口ほどに物をいい」といいますが、まさにそうです。
というよりも、口はすでに使ってるわけだから、目しか頼れないんですね。


今日の一言:
初心者の人たちだと、けっこうできていないことが多いです。



8月は月間5000hitを達成!
いつもありがとうございます!→
posted by 704 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・ステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。