2005年09月23日

今日は昔話をひとつ(笑)

よそで得たスキルを別のことに応用できる、
こういう人は尊敬します。
そして私自身、心がけていたいことであります。

私がサークルでアカペラを始めた頃、
周りにはアカペラ経験者はいませんでした。

集まったのは、
ギター屋さん、バンド経験者、放送研究会の人、耳のいい人、そしてサークルの発起人などでした。
私はハモリは分からんけどボーカルにはまぁまぁ自信があり、
音楽理論をちょっとかじっていたのでハモリに活かせるだろうと思い、参加することにしました。

当時はとにかく練習の形が決まってなくてダラダラだったのですが、(笑)
形がないと逆にみんな自由で、
自分でいろいろ開発してみたい人にとっては、成長できるいい環境だったのかもしれません。

ともあれ、ダラダラながらもサークルは存続し、
1年くらい後かな、ハモネプブームが来てサークルも潤うようになりました。


話がちょっとずれましたけれども、
当時のメンバー達、もちろんみんな歌うことが好きだったとはいえ、
各々が自分の得意分野を持ち寄ってくれなければ、サークルは消えていたかもしれません。

だから、今後アカペラグループを組むことを考えている方は、
アカペラ未経験者で別の専門出身の人を連れてくると思わぬ効果があるかもしれません。
また逆にアカペラの経験を携えて、
他の畑に歩いていくのもきっといいことだと思います。


今日の一言:
一地点にずっといると、必ず頭が固まってくる。
posted by 704 at 11:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習・グループ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アカペラ以外のことをアカペラに反映するというのもありますが、まず、楽譜の捕らえ方からして違いますよね。

パート譜になれている人たちは横に音楽を捉えるのがとっても得意だな〜と感じたりしました。
逆にスコアになれている人たちは縦に音楽を捉えるのが得意だったり。

これって表現するときに大きな違いが出るんですよね〜。
Posted by kaoliryco at 2005年09月24日 23:17
↑すっごいいいこと言った。

あなたもアカペラ叢書の筆者になりませんか?(笑
Posted by 704 at 2005年09月25日 00:23
あ、褒められた(笑

ちなみに私は横に捉えるのが得意なほうです。
Posted by kaoliryco at 2005年09月25日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7226356

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。