2008年03月30日

リズムの支配者

アップテンポの曲やリズムが複雑な曲だと、
ブレスを機にコーラス隊が遅れてしまうこと、よくあると思います。

そしてもし、ボイパ以外のメンバーが全員遅れたとき、
もしあなたがボイパだったら、どうしますか?

@自分がみんなに合わせて遅らせる
A自分はリズムを保って、みんなにキャッチアップさせる




この場合、一応Aが正解です。
というか、理想です。

根拠はいくつかあって、
 ・@は聞いてる人からすると不整脈に聞こえて気持ち悪い
 ・ボイパが一度遅らせると、キャッチアップするつもりだった
  コーラスがそれに合わせてまた遅れる危険がある

要するにリズムの不安定化を招くから、っていうのが大きな根拠なんですが、それ以上に

 ・リズムを支配するのはボイパの役割だから

というのが根本にあることを覚えておいて欲しいと思います。
リズムは多数決ではなく、ボイパに決定権がある。

もちろん、コーラス遅れの原因がブレスではなくボイパが走ってることにある場合はボイパの責任ですし、
そうでなくとも長い時間リズムの乖離が続くようなら、
自らテンポを落とした方がいいこともあります。

しかし、ハイハット・バスドラム・スネアとそれぞれ役割のある音色を使い分けてリズムを提供してるわけですから、
単なる「リズムメーカー」ではなく、一歩上の「リズムマネージャー」になってほしいな、と思うのでした。



※この記事は、管理人704がおにぎりに相談して書きました。
posted by 704 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ボイスパーカッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91630914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。